シャルトリューってどんな猫?特徴・性格・値段

口角が上がって、まるで微笑みを浮かべているような小さく丸い口元。フランス原産のシャルトリューは「フランスの宝」といわれるほど現地で愛されている品種です。

猫には珍しく、忠誠心があり飼い主さんに従順です。

寒さ厳しい地域が原産なので忍耐強く平和的な性格で飼いやすい猫と言われています。

シャルトリューの特徴、性格、飼い方、値段をまとめました。

シャルトリューの特徴を知ろう

Chartreux gris

毛の色と柄

〜毛の色〜
シャルトリューの毛の色はブルーです。

〜毛の柄、模様〜
・ソリッド・・・・単色で柄が入りません。

目の色

・ゴールド
・オレンジ
・カッパー

毛並み

短毛でアンダーコートが密集して生えているので保温と耐水性があるダブルコートの毛並みです。

触り心地はなめらかで柔らかく上品な質感と光沢があります。

シャンプーをしてもなかなか皮膚まで洗いずらいので、毎日ブラッシングをしてあげましょう。皮膚病の予防ができます。

性格

人なつっこいく遊びが得意ですが、知的なおだやかさと忍耐力があります。

平和的で多頭飼いに向く品種です。

留守番もできます。

飼い主に従順で忠誠心があります。飼い主さんを束縛したがり、注目をされないといじけるところがあります。

猫には珍しい側面がさまざまあるので「まるで犬のような猫だ」と言われています。

大きさ

・体長
オス、メス、ともに平均45〜65cmです。(しっぽの長さを含む)

・体重
オスの平均が4〜6.5kg、メスの平均が3〜4kgです。

・体格
四肢、胴、尾がやや短めの、いわゆる「セミコビー型」です。丸く大きな顔に、がっしりと詰まったような胴体を支える手足は短めで細いので、「ジャガイモにつまようじを刺したような体」と言われてきました。

鳴き声

鳴き声は「ホロロロ」とのどを鳴らすような小さめな声です。たまに「チーチー」という変わった声で鳴きます。

口角の上がった小さめの口元が微笑んでいるように見えるので、人によってシャルトリューの声は上品に感じるそうです。中には鋭く聞こえたりする人もいるので、声の感じ方はさまざまです。

一般的なイエ猫とは印象が違う声や鳴き方はシャルトリューならではの特徴です。

寿命

シャルトリューの寿命は平均13〜16歳くらいです。
2015年のイエ猫の平均寿命は16歳でした。
シャルトリューは平均とやや同じくらいの寿命の長さの品種といえます。

シャルトリューの値段と選び方は?

値段

ペットショップの平均金額は15〜25万円と差があります。
キャッテリーさんでのペットタイプは平均金額8〜20万円くらいです。

選び方

どの品種の子猫も生まれたばかりの頃は成猫と目や毛の色が異なることが多く成長するにつれて色が濃くなります。子猫の頃から目の色がはっきりとしたカッパーや深みのあるブルーの毛並みであればショー向きとして値段が高くなります。ペットに向いているのは、生まれた月齢に見合った体格と目が生き生きとした子猫です。もちろん、目があって相性がいいと感じた子であれば、世界に1匹しかいないあなたの猫として十分な資質があります。

シャルトリューそのものが日本では珍しい品種のため、ペットショップでの出会いが難しいです。確実にシャルトリューを飼いたい方は、愛護団体に登録しているキャッテリーさんから譲り受けることをおすすめします。両親や家系の病歴も明確で、無理な交配なく生まれた子猫と出会えます。しかし、飼い主さんに猫を飼う適正があるか、環境が整っているか審査をされることもあるそうです。事前に飼い方や品種についてよく勉強してから連絡をとりましょう。キャッテリーさんはキャッテリー紹介ページや個人で開設ているホームページからコンタクトがとれます。

【重要】シャルトリューの飼い方の注意

良く食べて運動量が多い品種です。成猫になるまで約2年かけてゆっくり成長します。その間は高たんぱく質、高カロリーがとれる「ロイヤルカナンキトン」を与えることをすすめします。

やや大きめの中型に成長するのでよく食べます。しかし食べ過ぎて吐いたり、ゲリをしたら子猫用ミルクや離乳食を与えて胃腸の負担を和らげましょう。できるだけ人の食べ物は与えないようにしましょう。体調不良の原因になります。

今のところシャルトリュー専用のキャットフードは販売されていませんが、高たんぱく質で添加物が少ないキャットフードがよいでしょう。

海外製品のためネット注文ですが「シンプリー」はおすすめです。

ホームセンターで買えるメーカーでおすすめは「ピュリナワン」、「ヒルズ」です。運

動量が少ないと太りやすい品種なので成猫のゴハンの量は気をつけてあげましょう。ダイエット用に切り替えたり、カロリーの低いウェットフードの併用をして食事を楽しめる工夫をしてあげましょう。

運動

運動量が多い品種です。飼い主さんの後についてまわる従順な性格なので、リードをつけて外で散歩している飼い主さんもいらっしゃいました。完全に室内で飼うことが望ましいのですが外に出かけたがる性格のシャルトリューであればストレスをためないように散歩をさせてあげるのもいいのではないでしょうか。

室内では高さのあるキャットタワーで十分な上下運動が必要です。

賢いのでトレーニング次第ではゲーム性のある遊びを覚えられます。コミュニケーションが好きなので基本的に飼い主さんと遊べることがシャルトリューには必要です。棒に丈夫なヒモでネズミのぬいぐるみがついたおもちゃがおすすめのおもちゃです。室内を一緒に走り回ることで運動量とコミュニケーションの両方が満たされます。

かかりやすい疾患

シャルトリューは比較的丈夫な品種と言われていますが、どの品種にも先天的にかかりやすい病気はあります。親や兄弟に病気が発症したら、子猫に詳しい検査を受けさせましょう。病気の予防や発症を遅らせることができるかもしれません。

また、子猫を買う前に、ペット医療保険を事前に調べて加入の検討をしましょう。保険会社によっては品種別にサポートする範囲に制限があったり、逆に制限がなくても金額が異なります。

・のう胞腎・・・・腎臓にのう胞という水の袋がたくさんできて、腎臓が大きくなります。本来の機能が低下して体液をろ過できずに腎不全を起こして死亡に至る病気です。猫の場合は有効な治療法が今のところありません。
普段から水分を多くとらせる、ウェットフードも食べさせるなどの工夫で病気を防ぎましょう。

・熱中症・・・・フランス原産のシャルトリューは寒さ厳しい環境で誕生しました。日本の気候は高温多湿です。保温力が高い毛で全身がおおわれているので室内では熱中症に気をつけてあげましょう。耳や肉球が熱を持っている時は体をアイスノンで冷やして室温を下げて様子を見ましょう。ぐったりとして動かない時はすぐに動物病院で診察を受けましょう。

・皮膚病・・・・毛が密集して耐水性があるのでシャンプーしてもなかな水を通しません。家ダニや雑菌の繁殖で皮膚病にかかることがあります。ブラシを毎日かけてあげると皮膚病の予防につながります。室内を普段から清潔にしてあげてください。週に1度は寝床のベッドも日干ししたり、掃除機でダニを吸って清潔にしてあげましょう。シャンプーの頻度は月1回洗ってあげましょう。もし、毎月洗えないときは毛の生えかわる換毛期の春と秋だけでもシャンプーで洗ってあげると皮膚病の予防ができます。

まとめ

シャルトリューはフランスの政治家や作家が愛した品種として有名です。

現在では人工的に繁殖された品種として登録されていますが、遠い昔から銅色の瞳と深いグレーの毛並みの猫はフランスにおり、16世紀の古い文献にも登場しています。2度の世界大戦でシャルトリューは絶滅寸前まで数を減らしたそうです。シャルトリュー愛好家やブリーダーによって、灰色のペルシャやブリティッシュブルーと交配して数を増やしたそうです。戦争の歴史が猫の生態までもおびやかしていたのには心が痛みます。昔から愛されてきたシャルトリューが人為的に数を増やしたことも納得です。

シャルトリューの額は広めで鼻のあたりがせばまり、口角が上がった小さな口元は微笑んでいるように見えます。この表情は魅力的ですよね。そして、猫とは思えない忠誠心と従順さはイエ猫として飼いやすく、忍耐強く平和的な性格は多頭飼いに向いています。はじめて猫を飼おうと考えている方にはおすすめの品種です。かまってもらうのが好きな品種なので小さなお子様のいるご家庭でも家族の一員として愛されるでしょう。

関連記事

アメリカンショートヘアってどんな猫?特徴・性格・値段

「生きたぬいぐるみ」ラグドールってどんな猫?特徴・性格・値段

スコティッシュフォールドってどんな猫?特徴・性格・値段

猫 人気ランキングナンバー1「穏やかな巨人」メインクーンってどんな猫?特徴・性格...

ノルウェージャンフォレストキャットってどんな猫?特徴・性格・値段

「猫のダックスフンド」マンチカンってどんな猫?特徴・性格・値段