猫用のエリザベスカラーを大至急自宅で手作りする方法

ケガが悪化して猫の体から膿みが出て、動物病院に連絡しても休診日や診察時間が終わっていたり、お給料日の前日でお金がなくてすぐに連れて行けない緊急事態の時はエリザベスカーラーをつけてあげると猫が傷口をなめないようにできます。

なめなければ傷口が広がったり悪化を防げます。

自宅にあるものや安く手に入る材料で簡単にエリザベスカラーが作れる方法をご紹介します。

100円ショップのシャンプーハットで猫用エリザベスカラーを作成する

子供用シャンプーハットは100円ショップで買えます。もし、使用済であればよく洗って乾かしてからお使いください。

《注意点》

猫の体格によっては首から鼻先までの長さに合わせてシャンプーハットの幅を短くしてから作り始めるといいですよ。
エリザベスカラーで視界が制限されると、動かなくなったり、後ずさりを繰り返すことがあります。そういった場合は、透明な素材のものに変えてあげるといいでしょう。

【材料】

・子供用シャンプーハット……………………1個

*固定タイプ
・接着剤(プラスチック用)…………………適量
・ガムテープ……………………………………適量

*着脱タイプ
・ミシン糸………………………………………適量
・太めの縫い針…………………………………1本
・両ファスナー(マジックテープなど)……13cm〜20cmくらい
・スナップボタン………………………………2セット

【用意するもの】

・図工用ハサミ
・油性フェルトペン
・定規

【作り方】

・ハサミでシャンプーハットの輪っかを切り離します。
・猫の首回りに合わせてペンで印をつけてから5cm程度のりしろを残して余分な部分を切り離します。

*固定タイプ
・のりしろに接着剤をぬりひろげてから猫の毛につかないようにシャンプーハットを首に巻つけて端をガムテープで固定します。

*着脱タイプ
・のりしろに両ファスナー、またはスナップボタンを縫い付けてから猫の首に巻つけます。

カップ麺の容器で猫用エリザベスカラーを作成する

コンビニエンスストアやスーパーで買えるカップ麺の容器で作れます。容器をよく洗って乾かしてからお使いください。

《注意点》

出来上がったら猫が患部をなめられないことを確認しましょう。
容器の穴に頭をくぐらせるので、猫の頭にはれや傷がある時は、シャンプーハットやクリアフォルダをおすすめします。

【材料】

・うどん、そばなどのカップ麺の空容器……1個
・医療テープ(ばんそうこうでも可)………適量

【用意するもの】

・図工用ハサミまたは安全カッター
・リボンまたはヒモ
・油性フェルトペン
・セロハンテープ
・定規

【作り方】

・猫の顔の幅が一番広いところでリボンを一周させ、ペンで印をつけます。
・印のところで輪っかを作り、セロハンテープで留め、カップ麺の底面に当て、ペンでリボンの輪っかをなぞります。なぞった線の外側に2〜3mmの幅で線を描き、その線をハサミまたはカッターで切り抜きます。
・切り抜いたふちに医療用テープを貼り付けて出来上がりです。

クリアフォルダーで猫用エリザベスカラーを作成する

書類保管用などに用いられるクリアフォルダーの透明なものを使うと、猫の視野を邪魔せず、体に合ったエリザベスカラーを作ることができます。

《注意点》

クリアフォルダーを切ると角ができたり凹凸ができて作業中に手を切りやすいです。綿の手袋を付けて作業中はご注意ください。

【材料】

・クリアフォルダー(透明なもの)……………………………1枚
・医療テープ…………………………………適量

*固定タイプ
・接着剤(プラスチック用)………………適量
・ガムテープ(透明タイプ)………………適量

*着脱タイプ
・テグス(太い丈夫な糸も可)……………適量
・太めの縫い針………………………………1本
・両ファスナー(マジックテープなど)…13cmから20cmくらい
・スナップボタン……………………………2セット

【用意するもの】

・図工用ハサミまたは安全カッター
・コンパス
・油性フェルトペン
・定規
・リボンまたはヒモ
・セロハンテープ

【作り方】

・猫の首から鼻先まで定規で測り、幅を決めます。リボンで猫の首回りを測り、ペンで印をつけます。印のところで輪っかをつくりセロハンテープで留めます。輪っかの直径を定規で測ります。
・クリアフォルダーの口側にコンパスの針をさし、猫の首の半径で円を描きます。次に幅の長さを足してコンパスで再び円を描きます。図工用ハサミまたは安全カッターで曲線をなぞり、切り取ります。
・切り取ったクリアフォルダーを猫の首回りに合わせてペンで印をつけてから5cm程度ののりしろを残して余分な部分を切り離します。
・ふちや角に医療用テープを貼り付ける。

*固定タイプ
・のりしろに接着剤をぬりひろげてから猫の毛につかないようにクリアフォルダーを首に巻つけて端をガムテープで固定します。

*着脱タイプ
・のりしろに両ファスナー、またはスナップボタンを縫い付けてから猫の首に巻つけます。

まとめ

100ショップのシャンプーハットで猫用エリザベスカラーを作成する

100円ショップで安く買える。猫の体格に合わせてシャンプーハットの幅を調整してから作ると、ご飯を食べる時に邪魔にならない。

カップ麺の容器で猫用エリザベスカラーを作成する

うどんやそばのカップ麺の容器ですぐ作れるが容器の穴に頭をくぐらせるので、猫の頭にはれや傷がある時は着脱できるシャンプーハットやクリアフォルダーを試してみる。

クリアフォルダーで猫用エリザベスカラーを作成する

猫の体格に合わせて作りやすく、透明素材で視界を邪魔しない。クリアフォルダーを切り取るときは綿の手袋を付けて作業しましょう。

関連記事

猫が怪我をした場合の応急処置は?

今すぐはじめよう!肥満猫のための成功するダイエット法

子猫が風邪をひいた時の適切な対処法

猫に草は必要?食べさせてもOKな草の種類はどれ?

NO IMAGE

猫にペット保険は必要か?

猫に人の食べ物をやっても大丈夫?意外と知られていない猫にとっての「毒物」とは?