猫に人の食べ物をやっても大丈夫?意外と知られていない猫にとっての「毒物」とは?

キャットフードよりも、飼い主さんが食べているご飯やおかずを欲しがるので、ついあげてしまうことってあると思います。

でも、猫が食べても本当は大丈夫なのか心配になりますよね。

人には平気でも猫には毒になるもの、与えすぎると健康を害するもの、また、猫本来の食事がどんなものかをまとめました。

 

猫に食べさせてはいけないもの

猫にに食べさせていけないものの中にも、「毒性が強く、死亡する危険があるもの」と「与えすぎると寿命を縮めるもの」があります。

気をつけていても猫がおもちゃにして遊んでいるうちに誤って口にすることもあります。猫の生活空間には置かず、戸棚などに保管しましょう。
猫の体で行われる消化や代謝は人とは異なります。食べたがったり、興味を持つしぐさがかわいくて、ついつい与えたくなってしまいますが、ぐっとこらえて猫の健康を守りましょう。

猫には毒性の強い成分と食べ物

死亡する危険があります。

・アリルプロピルジスルファイド(ユリ・タマネギ等のユリ科の植物に含まれる)

fd400119

ユリ科の植物に含まれる「アリルプロピルジスルファイド」が主な原因です。

加熱や加工では消えません。

ハンバーグ、カレー、ハヤシライス、シチュー、ビーフシチュー、チャーハン、人間用のビーフジャーキー、すき焼き、牛丼、親子丼、豚丼、茶碗蒸し、カップ麺、オニオンスープ、みそ汁、おでん、ソース、ドレッシング、ケチャップなどにも含まれています。

玉ねぎのゆで汁を使っているもの全般有害です。

猫が体内に取り入れると、赤血球内のヘモグロビンを酸化させてしまい、赤血球内にあったカリウムが血液中に高い濃度で放出されることにより、高カリウム血症を起こします。

初期症状は貧血で元気がなくなり、トイレで血尿、猫によっては口や鼻が青白く見えます。発症までに1~数日かかり、肝臓機能の低下で黄疸がでます。

猫には毒性が強いので飼い主さんが一番気をつけてあげなければいけない食品です。

・植物の種子・球根に含まれるアルカロイド

a172b6b946173d858b411e043ecab24f_s

植物の種子や球根には、天然由来の有機化合物総称である「アルカロイド」が多く含まれているので、体内に取り入れる量によっては神経系に作用して呼吸困難や心停止を引き起こすそうです。

漢方薬の一部生薬に含まれていることがあります。

その場合、人には薬として有効な働きがありますが、猫には有害です。

 

・カフェイン(コーヒー・紅茶・緑茶・栄養ドリンク・コーラに含まれる)
79ec017077dd34463d7b3b1195f35362_s
コーヒーや紅茶、緑茶、栄養ドリンク、コーラは、「アルカロイド」の一種、「カフェイン」を多く含んでいます。

中枢神経に作用するので人の鎮痛剤に使われるなど、薬として役立つほか、コーヒーやお茶類は眠気覚しや脂肪燃焼作用、利尿作用があるのでダイエット中の飲み物として人気があります。

飲むと元気が出る栄養ドリンクやファーストフードで人気のコーラにもカフェインが含まれています。

元気を出させようと猫に与えても、神経系に作用して呼吸困難、心停止をまねくこともあります。

猫には毒性が強いので与えてはいけません。

・テオブロミン(カカオ・チョコレート・マテ茶・ガラナに含まれる)

64399d681f4ba20bd0255491ccf7a892_s

「アルカロイド」の一種、「テオブロミン」を多く含んでいます。人の中枢神経に作用するので覚醒作用があり、ホルモンや神経伝達物質を円滑にする作用は薬として治療薬にも使われます。

チョコレートを食べると元気が出て、ポリフェノールもたくさんとれて、人にはうれしいことが多いですよね。

でも、猫には同じ効果はありません。

「テオブロミン」の分解酵素を持っていないので中毒症状を起こします。

まずは消化不良、脱水症状、次に過度の興奮、心拍数の低下などの症状が表れ、最後にケイレンを起こして死に至ることもあります。

猫には毒なので絶対に与えないようにしましょう。

・ソラニン(ナス・トマト・ジャガイモ・ピーマン・ホオズキなどのナス科植物全般に含まれる)

a03_092

ナス、トマト、ジャガイモ、ピーマン、ホオズキなどのナス科の植物は、「ステロイドアルカロイド」の一種、「ソラニン」を多く含んでいます。

これには、人の神経にも作用する毒性があります。

ソラニンは皮や芽に多く含まれるので、人は調理の時に取り除いてビタミン、炭水化物などを効率的にとりいれています。

実の部分にも「ソラニン」は含まれているものの大量に食べなければ人には害がないとされています。

ネコの場合は2〜10mg以上「ソラニン」を体内に取り入れると、食欲不振、胃腸障害、ゲリを起こしたり、中枢神経の働きが弱まり、ぐったりと動かなくなり、瞳孔が開きっぱなしになって心拍が落ちます。

その後、心筋梗塞を起こして死に至ることもあるそうです。

・青酸配糖体(リンゴ・アンズ・モモ・プラム・スモモ・サクランボ・アーモンドの種、枝、葉に含まれる)

f736401892ea5b1202e0561676ba318b_s

リンゴやあんず、桃、プラム、スモモ、サクランボ、アーモンドなどの種、枝、葉は、広い意味で「アルカロイド」の一種、「青酸配糖体」を多く含んでいます。

神経系に作用する毒性を持っています。青酸配糖体は猫の体内で青酸に変化し、呼吸困難、ぐったりと動かなくなり、ケイレンやチック症状が表れて、最悪の場合は死に至ることもあります。

自然界の植物の多くは身を守るために毒を持っています。

花をつけた枝を生けたり、花瓶に飾ったりするご家庭では猫がじゃれて遊べないように狭い台の上に飾りましょう。

・ペルシン(アボカドの種と実に含まれる)

cf79d11a12e727d1d80d72b17a9cfa50_s

「ペルシン」という殺菌作用のある毒性物質がアボガドの種と実に含まれています。

人には無害ですが、猫が食べるとおう吐、ゲリ、呼吸困難、うっ血、心臓組織周辺に水がたまって死に至ることもあるそうです。

・ブドウ・レーズン

a04_058

原因物質はまだ明らかではないそうですが、ブドウやレーズンを猫が口にした3〜5日後に腎不全を起こして死亡した報告があります。

食べたあと2〜3時間ほどで、おう吐・ゲリ・食欲不振・腰痛の症状があったそうです。

ブドウがお菓子やパンに含まれていたら、絶対に猫に食べさせない様にしてください。

 

・マカダミアナッツ

37930959 - bowl with macadamia nuts on white background

レーズンと同じく、まだ原因がわからないマカダミアナッツも、食べさせると、おう吐、ふるえ、無気力、心拍上昇などの症状を起こした報告があります。

お酒の席におつまみで出ても、絶対に猫に与えてはいけない食品です。

・酒類、リキュール類に含まれるアルコール

猫の血液中に吸収されたアルコールは、脳や体の細胞を破壊するそうです。

症状は、おう吐、ゲリ、呼吸困難、ふるえ、意識不明の状態になり、最悪の場合は死に至るそうです。猫の「酔っ払う姿が見たい」と面白半分でお酒を飲ませるのはやめましょう。

猫には毒性の強い人間の生活用品

誤って口にしたり、呼吸や皮膚から吸収すると死亡する危険があります。

・家庭用風邪薬

家庭用風邪薬に使われるエチレングリコール、ミノキシジル、α-リポ酸などの薬品は猫の体には毒性が強く、おう吐、ゲリ、ふるえ、呼吸困難などを引き起こすそうです。人の体の中では毒性のある物質を分解する酵素、毒性の物質と結合して体外に排出するホルモンが働くそうなの
で安心して使えるお薬です。猫の体には合わないので、お薬として与えることはできません。

・家庭用軟膏

非ステロイド性消炎鎮痛剤の一種「フルルビプロフェン」は筋肉痛や関節痛を和らげる成分として軟膏に使われていることがあります。飼い主さんの皮膚や服についた軟膏を猫がなめてしまうと腸や腎臓に中毒症状があらわれます。食欲不振、ぐったりと動かなくなる、おう吐、腸から下血などを起こし、死亡に至った報告のあります。
猫がねんざをしたり、高齢で関節炎がつらそうでも、人の軟膏は使えません。

・人間用シャンプーの成分と香料

アロマオイルをお部屋で焚くと、気分が安らぎますよね。このアロマオイルはシャンプーなどにも含まれていて、女性に人気があります。人のシャンプーに含まれる「フェノール類」、「モノテルペン類」、「ベンゼン環含有化合物」と、アロマオイルの香りを鼻から吸ったり、皮膚や口から猫の体内に入ると肝臓は成分を解毒できず、おう吐、ゲリ、ぐったりと動かなくなるなどの中毒症状を起こします。猫には猫用のシャンプーを使ってあげましょう。

猫には与えすぎると良くない食べ物

1度に大量に与えたり、長期にわたって与え続けると深刻な健康被害を起こし、猫の寿命を短くします。

・イカ・タコ・エビ・カニ・貝類・淡水魚

a01_123

「チアミナーゼ」という酵素が含まれているため、猫の体に必要な「ビタミンB1」を体内で破壊してしまいます。

ビタミンB1が減ると、背骨が変形したり、必要なビタミンの長期的な不足は寿命を短くさせます。

魚にはビタミンB1がほとんど含まれていません。

キャットフードには必要なビタミンが添加されていますが、人が食べる魚を主食にすると猫は短命です。

そして、イカやタコには必須アミノ酸の一つ「タウリン」が豊富なので、好んで食べたがりますが、消化しにくいので体に負担がかかります。

しかし、「チアミナーゼ」は加熱すると消滅します。嗜好品として、加熱してから少量をたまに与える程度にとどめることをおすすめします。

・生卵

a02_034

白身に含まれる「アビジン」という酵素が、猫の体内のビタミンの一つ「ビオチン」を破壊してしまうそうです。

「ビオチン」が減ると皮膚炎や結膜炎になりやすくなるそうです。

うっかり、卵を床に落としてしまうと、猫が食べに来てくれることがあると思います。

「アビジン」は加熱で消滅するので、卵を与える時は加熱してから猫に与えましょう。

・春アワビ・サザエ、味付け海苔

アワビとサザエの主食は海藻です。

海藻に含まれるクロロフィルはアワビやサザエの体内で「ピロフェオホルバイド a 」という毒成分に変化します。

特に春先になると「ピロフェオホルバイド a 」を内臓にためこんでおり、猫が食べると成分もそのまま体内に入ります。

猫の血管に入ったピロフェオホルバイド a は、動物が日光に当たると炎症とかゆみをを引き起こします。

ネコの体は毛で覆われていますが、「耳」だけは毛がうすいため日光が毛細血管に当たります。耳だけ炎症を起こして激しいかゆみを感じ、激しくかきむしり、毒成分によって耳の組織が壊死して取れてしまいます。

死ぬことはありませんが、耳が腐り落ちてしまうなら、せがまれても食べさせたくはないですよね。
味付け海苔は匂いだけで食べたいとせがまれたり、好んで食べると思いますが、耳だれや目ヤニの原因になりますので、嗜好品としても与えるのはやめましょう。

・生の豚肉

a02_029

加熱していない豚肉には寄生虫の「トキソプラズマ」が潜んでいる可能性があります。

感染すると、体重が減ったり、ゲリをします。しっかり加熱してから与えましょう。

・レバー

与えすぎるとビタミンAやDの過剰摂取が原因で、筋肉や脊髄の変形、食欲不振、関節炎を引き起こすことがあります。

・サバ・アジ・イワシまたは人用の魚の缶詰

a01_010

青身の魚に含まれる不飽和脂肪酸は猫の体内の脂肪を酸化させます。 「黄色脂肪症(イエローファット)」になって、皮膚の下にしこりができます。痛みがあるので触られるのを嫌がるようになります。人用の魚の缶詰は猫用に栄養が調整されていません。そして湯漬けされているので、猫には向きません。
同じ種類の魚を食べさせるなら、キャットフードに加工させているものが最適です。不足している栄養やビタミンが添加されているので健康を損ないません。

・塩・香辛料

猫が1日に摂取しても良い塩の量は2gから2.5g程度です。これを超えて与えて続けると腎臓障害を起こす危険があります。
人の調理した食べ物で、塩と一緒に使うことが多いコショウ、味付けのアクセントになる香辛料で猫は肝臓障害を引き起こします。

魚の塩焼や、ピリッと甘辛い味付けの肉はせがまれても与えてはいけません。

・牛乳・チーズ・バター・ヨーグルト

49444635 - cheese

母猫の母乳は牛乳に比べて高タンパク質で乳糖が少ないです。

子猫の頃は母乳に含まれる乳糖を分解する酵素を持っていますが、成猫になると減り、分解が難しくなるそうです。

牛乳に含まれるタンパク質は子猫にも成猫にも足りず、乳糖が多いので分解しきれず、ゲリをします。
子猫には牛乳ではなく子猫用ミルクを与えましょう。

・ニボシ・カツオ節・ピーナッツ・ほうれん草・ゴボウ

猫の大好きな乾物はおやつにあげる機会も多いのではないでしょうか。人間用のニボシやピーナッツにはリンやマグネシウムが豊富に含まれています。猫に与えると過剰にとり過ぎてしまい、尿路結石、腎臓病にかかりやすくなります。
ほうれん草やゴボウにはシュウ酸が多いので尿路結石になりやすいです。かつおぶしは猫に必要な栄養バランスが悪いため多く与え過ぎると栄養失調に陥りやすいです。
ペット用に加工されたニボシやカツオ節は、成分を調整してありますのでおやつに少量あげるようにしましょう。ほうれん草やゴボウは欲しがってもあまり与えないようにしましょう。

猫まんまは猫の体に良くないの?

猫は肉食であるという事実をご存知ですか?

人と猫の代謝は違います。人の主食はご米やパンです。炭水化物を糖分に変えて活動エネルギーにします。余ると脂肪に変えて蓄えます。この他にタンパク質やビタミンをたくさんの種類の食品から取り入れます。人は雑食です。
しかし、猫の主食は、ネズミや小鳥、昆虫といった小動物でした。小動物の体は主に動物性タンパク質と少しの脂質で出来ています。動物性タンパク質は猫の体内で22種類のアミノ酸に変わり、筋肉や内臓の細胞をや血液を作り、余った分は活動エネルギーにします。さらに余ると脂肪に変えて蓄えます。猫は完全な肉食です。
ごはん粒にお味噌汁とカツオ節をかけた昔ながらのねこまんまではタンパク質が不足しています。猫は栄養失調で寿命が短くなります。
動物性のタンパク質が高い「グレインフリー」のキャットフードは猫本来の食事に近づけた栄養素が豊富です。成猫になってから7歳くらいまでの猫におすすめです。
しかし、タンパク質が豊富だとカロリーが高いので、太り気味の猫と代謝の落ちた高齢の猫には肝臓や腎臓に負担が大きくなるので、ダイエット用やシニア用のキャットフードを与えてあげましょう。

猫と炭水化物(多すぎると消化が困難)

猫はネズミや小鳥を丸ごと食べることで、小動物の腸にある未消化の炭水化物や食物繊維を間接的に取り入れています。猫の主な栄養源ではありませんが、昔から食べていました。しかし猫の腸は体長の4倍の長さです。大量の炭水化物や食物繊維を消化したり、栄養を吸収するには腸が短いので負担がかかります。では肉はなぜ負担にならないのでしょう。猫は肉を分解する酵素が発達しているので、短い腸でも効率よく高いエネルギーを吸収できます。ではキャットフードには炭水化物が含まれていないのかというと、そうではありません。ドライフードには約3〜4割程度の炭水化物が含まれています。炭水化物は保存に適した状態に加工がしやすく、猫に必要な栄養素を調理で添加しやすい利点があります。猫の消化の負担にならない量で作られています。猫のアレルギーや尿路結石の原因になると疑われていますが、今のところ、獣医学論文では炭水化物が猫の健康を害することは証明されていません。猫にとって炭水化物は、「なくても困らないが、多すぎると消化の負担が大きい」と認識しましょう。

うちの猫の好物はスイートコーン

私もついついせがまれると与えている食べ物があります。スイートコーンです。ゆでたてのトウモロコシや、スイートコーンの水煮を開封すると匂いだけでわかるようです。
スイートコーンは炭水化物と食物繊維でできているので、猫の排泄物に未消化でそのまま出てきます。トイレを掃除するとスイートコーンが猫に良いものなのか悩むこともあります。
死の危険が少ない食べ物であれば消化できなくても少量を与えて、食べる喜びを味あわせるのはストレスをためない生活につながるのではないかと考えています。

まとめ

■猫に食べさせてはいけないもの

猫には毒性が強く死にいたる可能性がある食べ物は、ユリ・タマネギ等のユリ科の植物・植物の種子・球根・コーヒー・紅茶・緑茶・栄養ドリンク・コーラ・カカオ・チョコレート・マテ茶・ガラナ・ナス・トマト・ジャガイモ・ピーマン・ホオズキなどのナス科植物全般・リンゴ・アンズ・モモ・プラム・スモモ・サクランボ・アーモンドの種、枝、葉・アボカド・ブドウ・レーズン・マカダミアナッツ・酒類、リキュール類に含まれるアルコールです。
猫に与えすぎると健康を損ない寿命を短くする食べ物は、イカ・タコ・エビ・カニ・貝類・淡水魚・生卵・アワビとサザエ・味付け海苔・生の豚肉・レバー・サバ・アジ・イワシ・人用の魚の缶詰・塩・香辛料・牛乳・チーズ・バター・ヨーグルト・ニボシ・カツオ節・ピーナッツ・ほうれん草・ゴボウです。
この他に家庭用風邪薬・家庭用軟膏・人間用シャンプーの成分や香料は鼻から成分を吸いこんだり、皮膚からの吸収したり、口から体内に入ると深刻な中毒症状と内臓障害を引き起こします。

■猫まんまは猫の体に良くないの?

人はお米やパンが主食で、炭水化物を糖に分解して活動エネルギーにする雑食です。猫は小動物の肉を主食にして、タンパク質をアミノ酸に分解して活動にする肉食です。昔ながらのねこまんまではタンパク質が足りず、猫は栄養失調で寿命が短くなります。高タンパクで猫の代謝に合った「グレインフリー」のキャトフードは1歳から7歳くらいの猫におすすめですが、肥満の猫にはダイエット用、高齢の猫にはシニア用のキャットフードが望ましい。
では炭水化物は猫に健康被害を与えるだけなのかと心配されていますが、獣医学論文で健康被害の原因とは証明されていません。炭水化物は「なくても困らないが、多すぎると猫の消化に負担が大きい」と認識しましょう。

関連記事

NO IMAGE

猫にペット保険は必要か?

今すぐはじめよう!肥満猫のための成功するダイエット法

猫の不妊・去勢手術料金とペット保険 | 格安に済ませる方法

猫が怪我をした場合の応急処置は?

猫に草は必要?食べさせてもOKな草の種類はどれ?

猫用のエリザベスカラーを大至急自宅で手作りする方法