猫にペット保険は必要か?

人間と違って、ペットの医療費に予想しなかった金額を請求されることがあります。

では、ペット保険に入るべきでしょうか?

とはいっても・・・ペットのペット保険について、「掛け捨てで保険料を払い続けることに抵抗がある」、「実際にペット保険には入るだけの価値があるの?」と悩むこともありました。

以前の私のようにペット保険をどうしようかと迷ってる方のために、ペット保険のメリット・具体的な補償例をまとめました。

ペット保険に入るメリット

どの保険もそうですが、ペット保険も「偶然に発生する事故や病気に備えるもの」です

猫は生命力が強い動物と言われていますが、それでも、事故や病気は予測できるものではありません。

ある日突然大事な猫が事故に遭って、治療が必要になったら?

動物病院では治療を受けると、全額自己負担の金額を窓口で精算します。手術や入院が必要な病気やケガをした時、お金がないばかりに涙をのんで治療をあきらめる方もいらっしゃるでしょう。

私は、小学生の時に飼っていたシャム猫が事故で骨折した時、ペット保険に入っていなかったため、お金をかけてあげられず、最低限の治療で回復させました。命があっただけ良かったですし、支払いできる金額の範囲で精一杯治療してくれた獣医師さんにはとても感謝しています。

でも、「お金があったら十分な治療をさせてあげられたのではないか・・・」という後悔の気持ちは残りました。

また、ペット保険のプランによっては、「治療費の保障」以外のさまざまな利点があります。

事故費用や裁判費用が保障される

アイペットさんの月額130円のオプションに加入していると、事故や裁判費用を1事故500万円の限度額で後からお金が支払われます。

自分には起きないだろうと思っていても、実際にあると怖いのが損害賠償責任ではないでしょうか。

猫の場合は、自宅で高価な預かりものを落として壊してしまう、といったことが考えられます。あまりないことかもしれませんが、もしもの備えで月額料金が安く補償限度額が大きいオプションは魅力的です。

お葬式費用が出る

ネット販売が中心のペットメディカルサポートさんでは「特約ありオプション」に加入していると、猫が亡くなって火葬などを行った証明申請をすると上限3万円まで葬儀費用の補助が受けられる特典があります。

ペットとの生活をサポートしてもらえる

アニコム損保さんで行われている無料のサービスです。

①保険に加入中の方のみ、フリーアクセスの無料通話による「しつけ・健康相談」窓口の利用ができます。

②保険に未加入の方も参加できるボランティア型の「迷子検索サポートサービス」を気軽に利用できます。

③保険に加入中の方のみ、「動物ライフサポートサービス」で割引や優待が受けられます。JTBグループさんが厳選した全国のペットと泊まれる宿・ホテルや関連施設にて「どうぶつ健康保険証」を提示すると、料金の割引、粗品プレゼント、ドリンクサービスなどの特典が受けられます。

④保険に加入中の方のみ、アニコム損保さんのマイページから加入中の保険内容を確認できたり、請求書類のダウンロードなどができます。

⑤保険に加入すると対面できる保険外交員がいなくても、メール配信サービスで緻密な連絡をしてくれます。

ペット保険に入っていない猫が事故や病気になったら

1.突然の事故による骨折の医療費のを試算してみました。

動物病院によっては治療費は異なりますが、参考のため記載いたします。(2016年11月7日調べ)

〈3歳の猫が脚を骨折して手術と5日間の入院、通院を1回した場合〉
・診察料(初診料、処置料)・・・・・・・20,000円
・検査費用(レントゲン/血液検査)・・・・30,000円
・手術費用・・・・・・・・・・・・・・130,000円
・入院費(食事、点滴処置)・・・・・・・10,000円×5日
・通院費(再診料、内服薬処方量)・・・・4,000円×1回
合計234,000円

2.治療費234,000円がどこまで保証されるのか?
以下の3つの保険プランごとに比較してみます。

1.ガーデン 短期少額保険のプラチナ90%プラン
2.アイペット うちの子
3.アイペット うちの子ライト

〔 ガーデン 短期少額保険のプラチナ90%プラン 〕
•入院、手術、通院にかかったひようを90%まで補償
•治療を受けた日数や、申請回数に制限がなく、免責金額0円なので少額の治療費も補償される
•ペットが3歳になるまで毎年保険料が下がる
•ペットの年齢が満10歳まで加入ができる
•契約更新で猫が満20歳まで保険に加入できる
•賠償責任特約をオプションでつけられる
•プラチナ90%プランの他に6つの種類のプランがあるので補償内容や月額料が細かく選べる
•契約期間が1年間なのでプラン内容の見直しがしやすい
•継続割引、多頭飼い割引、インターネット申し込み割引、マイクロチップ割引で保険料が安くなる
•日本全国どこの動物病院でも利用可能
•補償額の支払いまでの期間はは郵送した申請書が到着4〜5営業日

例) 3歳の猫が「プラチナ90%プラン」に加入した場合の骨折の治療費の補償額

・3歳の月額料金・・・・・・・・・・・2,330円
・窓口で精算した金額・・・・・・・・234,000円
・補償額・・・・・・・・・・・・・・(234,000円×0.9=)210,600円
実際に負担した金額は毎月の保険料と23,400円です。

〜ガーデン少額短期保険さんへの私の個人的な感想〜
いろいろなペット保険比較ランキングの上位に会社名とプラン名が載っていました。人気があるんですね。

実際に窓口に問い合わせをすると感じがよく、プランについて詳しく説明していただけて印象が良かったです。

大手に比べ資本金の規模は小さいですが、若い猫が加入するとサポート力があって月額料金も安いです。

しかし、高齢になると保険料の月額料金が上がるので、ネット販売を主力にして月額料を抑えた終身の少額短期保険業者を検討するのも良いかもしれません。

しかし、日数、回数、限度額、免責金額の細かい設定があるので、継続対象年齢が満20歳までや月額料金が高いことが気にならない場合はガーデンさんの方が補償内容が手厚い印象がありました。

〔 アイペット うちの子〕
•窓口で補償額を差し引いた精算ができる提携動物病院が多い
• 窓口精算に対応していない動物病院でも日本全国で補償される
•窓口精算に対応していない動物病院では一旦全額支払ってから申請書類を郵送し到着後30日以内で補償額が支払われる
•猫の顔写真入りアイペット加入証明書を発行してくれ、提携病院で人間の健康保険証のように提示できる
•ペット賠償責任特約をオプションでつけられる
•多頭飼い割引、無事故割引がある
•手術、入院、通院の補償率が5割と7割の2つのプランを選べる
•通院と入院の年間日数制限が22日、手術の年間回数制限が2回
•プランごとに補償上限額あるが免責金額は0円
•加入制限年齢は12歳11カ月まで、契約更新すると終身まで補償される
•契約期間は1年間

例) 3歳の猫がうちの子70%プラン」に加入した場合の骨折の治療費の補償額

・3歳の月額料金・・・・・・・・・・・2,890円
・窓口で精算した金額・・・・・・・・234,000円
・補償額・・・・・・・・・・・・・・(234,000円×0.7=)163,800円
実際に負担した金額は毎月の保険料と70,200円です。

〔 アイペット うちの子ライト 〕
•窓口で補償額を差し引いた精算ができる提携動物病院が多い
• 窓口精算に対応していなくても日本全国の動物病院で使える
•窓口精算に対応していない動物病院では一旦全額支払ってから申請書類を郵送し到着後30日以内で補償額が支払われる
•猫の顔写真入りアイペット加入証明書を発行してくれ、提携病院で人間の健康保険証のように提示できる
•ペット賠償責任特約をオプションでつけられる
•多頭飼い割引、無事故割引とライトのみネット割引がある(2016年11月現在)
•加入制限年齢は12歳11カ月まで、契約更新すると終身まで補償される
•契約期間は1年間
•手術とその入院の補償率が9割
•補償対象手術回数は年2回、一回の手術の入院日数は10日まで
•1回の手術補償限度額は50万円まで
•治療費が3万円を超えた手術のみ補償対象となる

例) 3歳の猫が「うちの子ライトプラン」に加入した場合の骨折の治療費の補償額

・3歳の月額料金・・・・・・・・・・・1,020円(ネット割引適応で920円)
・窓口で精算した金額・・・・・・・・234,000円
・補償額・・・・・・・・・・・・・・(230,000円×0.9=)207,000円
実際に負担した金額は毎月の保険料と通院費4,000円と23,000円です。

〜アイペットさんへの私の個人的な感想〜
ペット保険人気ランキングではどのサイトでもランクインしています。口コミサイトを見るとやはり窓口精算ができるメリットをよく見かけます。

大手保険会社さんなので、細やかなサービスが実践されています。安心して加入しやすいイメージです。

「うちの子ライト」は元気な成猫から加入していると、本当に万が一のためにかけておくのに十分な保険内容と月額料金です。

通院もカバーできる「うちの子」70%プランであれば、子猫の時期だけだったり、7歳までに終身継続を視野に入れて再加入すると猫の健康状態に合った保険内容となるでしょう。7歳以降は健康診断書の提出が必要になり、疾患を抱えていると補償の対象外になるので、加入年齢制限より前に再加入していると安心です。例にあげたように、元気な猫の急なケガや病気の手術に関しては、保険内容が手厚く月額料金が高い「うちの子」では補償額が小さいので、「うちの子ライト」に入っているとお得です。

実際に問い合わせて見ると、やはり若い猫は通院や入院よりも、ケガで手術することが多く、手術は一度に高額な医療費がかかるので手術に特化した保険を販売されているそうです。

契約期間は1年なので、定期的に見直しができます。プランを変えると新規申し込みとなり無事故割引はありませんが、実用的かつ経済的で良いペット保険だなという印象がありました。

3.3つのプランを比較した結果

3つのプランを比較してみた結果、ガーデン 短期少額保険のプラチナ90%プランが「210,600円」と一番保証額が高額でした。

ペット保険の金額と入るべき時期は?

〜私が考える最適なペット保険加入の時期とおすすめのプラン金額〜

私の経験からペット保険の加入時期は、子猫を飼った瞬間から加入するのが最適だと思います。

子猫は体調を崩しやすく、好奇心も旺盛なので誤飲や骨折などのケガもしやすいです。

入院、通院、手術を手厚くカバーしてくれるガーデン少額短期保険さんの「プラチナ90%」に加入すると3歳まで毎年月額料が下がるので経済的です。

1歳からはアイペットさんの「うちの子ライト」に加入して月々の保険料を抑え、6歳11カ月からは「うちの子70」に変更すると高齢で通院が必要な疾患にかかっても終身で補償の継続ができます。(2016年11月現在)

▶︎子猫0歳→ガーデン少額短期保険さんの「プラチナ90%」月額料金2,680円
※3歳まで毎年保険料が下がるので継続も有効です。その場合、1歳の月額料金
2,560円、2歳の月額料金は2,400円、3歳の月額料金は2,330円です。

▶︎成猫1歳→アイペットさんの「うちの子ライト」月額料金840円
※2歳の月額料金は930円、3歳の月額料金は1,020円、4歳の月額料金は1,100円、5歳の月額料金は1,210円です。ウェブ申し込みをすると月額料金が1割引です。

▶︎成猫6歳11カ月→アイペットさんの「うちの子70」月額料金3,720円
※7歳から12歳11カ月からの新規申し込みは獣医師による健康診断書の提出が必要になります。何かしらの疾患で診断を受けると補償の対象外になります。

〜保険商材選びで注目してほしいこと〜

今後も新しい保険ができるので、その都度見直して情報収集をすることが大切です。

ペット保険はもしものためにものですが、加入ができる年齢のうちに終身で手厚く医療費を補償してもらえる商材を以下の視点で選びましょう。

①猫に病気やケガの種類が豊富に補償されているか?
②終身で継続する保険料を事前に確認して他社と比べよう
③高齢になると必要な通院補償がついているか?
④加入できる年齢、継続できる年齢を確認する

まとめ

1.ペット保険に入るメリット

•子猫の頃や年老いた猫は病気やケガ をするものです。医療費はかかるものなので、少しでも経済的負担を減らすために猫の年齢に応じたペット保険が有効です。

•ペット保険のオプションやサービスによっては、「治療費の保障」以外のさまざまな利点があります。

2.ペット保険に入っていない猫が事故や病気になったら
3歳の猫が脚を骨折して手術と5日間の入院、通院を1回した場合、合計234,000円ものお金がかかります。

3.ペット保険の金額と入るべき時期は?
子猫を飼った瞬間から加入するのが最適

関連記事

猫が怪我をした場合の応急処置は?

今すぐはじめよう!肥満猫のための成功するダイエット法

猫にワクチンは必要なのか?副作用や種類について接種の前に知っておくべきこと

猫の不妊・去勢手術料金とペット保険 | 格安に済ませる方法

猫用のエリザベスカラーを大至急自宅で手作りする方法

猫に人の食べ物をやっても大丈夫?意外と知られていない猫にとっての「毒物」とは?